ウノモト第3ビルディング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウノモト第3ビルディング

生活に もひとつプラスの情報館 なんだか生き方イイ感じ

図書館使ってる?僕が頻繁に利用するワケ

ライフハック 勉強法

f:id:unomoto3:20170329085336j:plain

 

おはようございます。ウノモトです。
 

本、読んでますか?

 
読書はそれ自体楽しいものだし、色んな学びが得られる素晴らしい体験です。
 
僕は去年の夏あたりからものすごーく本を読むようになりました。
先月は25冊くらい読んでました。もう毎月20〜30冊くらいのペースですね。
 
何より楽しいし、興味がつきないのですよねー。
このペースになってくると、必要になってくるのが図書館の活用です。
ほとんど毎週通ってるんじゃないかな。
 
今回はそんな図書館の魅力と活用法について話します。
 

他にはない図書館の魅力

 

低コスト

 
何と言っても図書館はコストが低いです。
支払うコストなんて図書館に行くまでの時間的なものくらいです。
 
なんせ肝心の本は買わなくっても良いんですからね。
 
書店で買うにしろ、Amazonで買うにしろどうしてもコストがかかってしまいます。
新品だと高いもので1冊2000円くらいかかってしまいますもの。
それに、もしその購入した本が何の価値もない「ゴミ本」だとしたら…
「ゴミ本」を見分けるにも経験がいるのですが、やはり一定の読書量が必要です。
 
そこで、図書館に行くんですね、
まだまだ収入の少ない&知識の集積量が少ない学生にとっては本当にありがたいのですよ。
 
 

ハイリターン

 
図書館で借りた本から得られる学びを自分のモノにすることができたら、これほどのリターンはありません。
投資対効果(Return On Investment)がめちゃくちゃ高いんです。
 
僕の住んでる地域の図書館では同時に20冊まで借りることができるので、20冊分のROIが見込めるんですよね。しかもコストはほぼ0。
 
コスパ高すぎますよ、これ。
 

色んな本との出会い

 
そして僕が何より良いなと思うのが、図書館での本との出会いです。
 
これを借りる!こんな本が読みたい!と決めて書架を回るのも良いのですが、よくよく見てみると図書館にはすごくバラエティのある本が並んでいるんですよね。
 
このラインナップは紀伊国屋ともブックオフとも違います。
書店ではやはり売れる本が残ります。ネットショップは逆に膨大すぎます。
 
しかし図書館にはまた別の生態系があるんですよ。
つまり、全く思いがけない出会いがあるわけです。そこからまた新しい学びがあると思うと、ワクワクしませんか!?
 

僕の活用法

勉強場所として

 
図書館は勉強場所としても優秀です。
 
何しろ静か!!
カフェやファミレスのような場所でもある程度雑音があって良いのですが、たまーにうるさい客とかいますよね。しかも何か気になる話をしている笑
これはこれで面白いんだけど、集中がそれるのは勿体無い。
 
その点図書館は勉強場所としてブレません。
いつ行っても安定して同じ環境が手に入るし、同じく勉強している人もいてモチベーションも上がります。
 
あとは誘惑が少ないというのも魅力なんじゃないでしょうか。
食べ物がある場所だと、これ終わったら何か注文して食べようかなー、なんて考えがよぎってしまうことがありますからね。
そんなノイズもないことも、僕が勉強場所として活用している理由の一つです。
 

ネット予約サービス

 
あと、これ!めーちゃくちゃ便利です。
知らない人もいるかもしれないけど、最近はネットで欲しい本を予約できるんですねー。
 
Amazonで買い物カゴに入れる前に、僕は図書館のホームページで検索かけます。
そうすると大抵の本が揃っていて、これでかなり書籍代を抑えられんです。
 
予約をした本が用意できたらメールでお知らせしてくれます。
僕はまたそのタイミングで図書館へ行くだけ。毎度毎度お世話になってます笑
 

まとめ

 
ねえ、もう利用しない手はないでしょう?
 
読書家、勉強家のあなたも、子供のとき以来行ってないなーなんてのはもーったいない。
 
賢く図書館を活用して最大限の効果を得ましょう。
 
またね!